読書漂流

面白かった本、役に立った本の読書記録・紹介です。

哲学・思想

「大乗仏教―ブッダの教えはどこへ向かうのか」佐々木閑 NHK出版新書 2019

大乗仏教について講師と青年の対話形式で解説した書。 釈迦の教えを元にした初期仏教と、大乗仏教とでは、その教えの内容にだいぶ相違がある。なぜ自己救済を目的とする釈迦の教えは、衆生救済を目的とする大乗仏教に変わっていったのか。その歴史的な変遷に…

「自分を知るための哲学入門」竹田青嗣 ちくま学芸文庫 1993

哲学とは何か。自分と世界との関係性はどのようなものか。世の中の仕組みを説明してくれる考え方が存在するのか。このような疑問を抱いていた時期(20歳頃)に読んだ本である。 第Ⅰ部では、著者自身がどのように哲学の世界にアプローチしていったのか。そし…